預けたお金が目減りしたり、予想外の損をする可能性はないか?

預貯金は株式・投資信託・債権等に比べ、基本的に元金割れを起こしたり急激に変動するものではないので安全性の高い金融商品であると言えます。 しかし全くのノーリスク商品というわけではなく口座を持つ金融機関が破綻した際、預貯金を引き出せなくなるという懸念材料もあります。
金融機関の破綻リスクに対して現在国内ではペイオフ(預金保護)という制度があり、該当機関が破綻した場合でも元本1000万円とその利子分については補償されます。 ですので1000万円までの預貯金であれば、目減り・予想外の損失といったリスクは無いと言えるでしょう。 元本とその利子が保障されるのは1000万円分までですので、1000万円以上の資金を預ける際には金融機関の破綻リスクを考慮する必要がありそうです。 1000万円以上の資産を安全に運用していくには、複数の金融機関に資産を1000万円ずつ分けて預けたり他の金融商品も活用し運用方法を分散させるといった手段をとる事で高額資産もより安全に運用していくことは可能だと思われます。
ちなみにペイオフ制度が適用されるのは『日本国内本支店に開設された日本円預金』に限られますので、海外の金融機関を利用する際は1000万円分の資産と利子分は補償されないという点に注意する必要があります。

コメントは受け付けていません。