どのくらいの利回りが見込めるか

投資をする限りは大きな利益を求めたいと考える人は多いでしょう。しかし、どれに投資をすればどれだけの利益を見込めるのかを判断するのが難しいと考える人もいると思います。また、実際に運用をしてみたときに、自分の運用成績がどれくらいあるのかを判断できないと、運用方針を改善していくこともできませんから、これは大きな問題です。
では、利益をどうやって判断すれば良いのでしょうか。これには利回りという概念を用いるのが一般的です。実際には年率でどれくらい増やすことができたのかで判断する事になります。例えば、100万円を投資して2万円の利益が得られた場合、この場合には2%となります。半年間で10%の利益が得られれば、このときにはその後でさらに10%の利益を得られることになりますから、年間では12.1%になるのです。
このようにして比較をすれば、どれくらいの利益が見込めるのかを判断しやすくなるでしょう。色々な投資商品を比較するときには、このようにして年間でどれくらいの利益が得られるのかを基準にして考える事が多いのです。年間で比較しなければならないわけではありませんが、債券などは年率で表示されている事が多いですが、この方法で比較すると分かりやすいでしょう。

コメントは受け付けていません。