どのくらいの運用利益が見込めるか?

金融商品には、3つの特徴があります。 まず一つ目の特徴は安全であるかということです、幾ら高い収益が見込める金融商品であっても、元本割れを起こす可能性のある金融商品は安全とはいえません、預金保険が利率が低くても、元本割れの危険性は低く、安全な商品といえます。 二つ目の特徴は流動性です、利率が高くても、いざという時に現金に関係できません、直に現金で換金できる商品で、普通預金が流動性に優れた商品といえます。 三つめの特徴は、収益性ですが、資本の投資に対して、収益が見込めるかという指標のことです。 高いリターンが得られる金融商品のことですが、但し、高いリターンを期待すれば、当然リスクもあります。 収益を期待すれば、元本割れの危険性もありますし、直ぐに換金できる金融商品では無いということです。 安全・流動・収益の関係は、収益と安全は相反する関係にあります。収益を期待すれば、安全は低くなります。 収益と流動も相反する関係にあります。収益を期待すれば、流動性が低くなります。 安全・流動・収益の全てを備えた金融商品はありませんので、運用収益を見込むことは難しいことですが、それぞれの特徴を持った商品を組み合わせて、リスクを避け、運用収益を上げる方法を検討することで、収益を見込むことが可能になります。

コメントは受け付けていません。