金融商品から生ずる利益や商品自体の価格や価値が変動するか

金融商品には債券や株式といった各区分の種類があります。その金融商品の種類によって、そこから生じる利益や商品自体の価格や価値が変動する場合が出てきます。まず、株式では保有することで、半期や1年ごとに企業から配当をもらうことが可能となってきます。この配当は企業の業績によって増配されたり、減配されたりするために半期や1年ごとに変動することになります。また、株式は株式市場で日々株価が動いているために、常に商品自体の価値が変化しています。保有している株式の株価が下落すると価値が減少し、株価が上がると価値が上がることになってきます。次に債券は一定の期間を保有していることで、利息をもらうことが可能です。国内債券の確定利回りの商品は、受取る利息は変動することありません。しかし、一部の国債などでは変動金利の金融商品もあるため、受取り利息は変化することになります。また、債券自体も債券市場で取引がされているため、商品自体の価値が変動することになります。債券が売られると、商品の価値は落ちることになってきます。債券の固定金利の商品は価格変動がほとんどないものもありますが、一般的に利回りが低くなっている特徴があります。

コメントは受け付けていません。